街角探検隊がゆく
今日も京はごきげんさん
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつかのお料理
2012-08-12-Sun  CATEGORY: お料理
お料理編もたまってきたので、少しずつアップしていきます。

omu2

いつかの昼に作った特大オムライス。3人前は十分にあります。


おいしそうな鯛を見つけたので・・・

ryou4 定番のお造り。

ryou1 カルパッチョ仕立てに。

ryou2 大葉とかいわれをのせて

ryou3

オリーブオイルと塩とレモンで味付け。さっぱりおいしい。オイルは少しいいものが味が引き立ちます。


ryou5

きゅうりと豆腐とツナの?サラダ・・・覚えがない・・・笑


スポンサーサイト
トラックバック2 コメント0
いつかの料理1
2012-07-03-Tue  CATEGORY: お料理
前回の料理した日とあまり変わらない時期に作ったと思われる写真があったので、まとめてみました。

よく料理はしますが、夢中になって記録を残すのを忘れてしまいます。そんな中貴重?(笑)な映像です。

時間のかかるものから始めます。今日、一番時間のかかるものは「蒸し鶏」(ほんとは茹で鶏でしょ?)

r3

「かしわ」屋さんで買い求めた胸肉に塩をして3時間くらいなじませ、お酒、昆布、水で茹でます。私はスープをひく時みたいに水から弱火で熱していきます。沸騰すれば、極弱火にして15分から20分。そしてそのまま人肌まで冷まします。冷めていく時に一度出たスープが戻ってきます。そして、仕上がりはしっとり。

r6

茹でた皮ははずして刻み、テフロンのフライパンで炒めます。さらに余分な油が出て、ほぼコラーゲン・・・はいっ!ここで「ぴくっ」ってきた人っ!!笑

r1

えびは尻尾を押えて広げ、まっすぐに切り落として包丁の裏でこそいで汚れを出します。竹串で背腸を出し、殻付きのまま真直ぐになるように竹串をさして茹でます。

r8

ゴーダチーズを適当な大きさに切り、ミニトマトを半分にして、バジルオイルをかければカプレーゼ風のおつまみに。

r2

伊勢のおおきなあさりがあったので、ワイン蒸しに・・・

r4

殻どおしがこすれるように洗います。

r5

にんにくのみじん切りをほんのり色づく程度にバターで炒めます。

r7

白ワインと水を半々くらいに入れ、煮立たせてアルコールと酸味を飛ばします。(3~5分)
強火にし、塩を適量入れ、あさりを入れたら蓋をしていくつか殻が開いたら蓋をしたまま火を止めます。

r11

うちではオーブン皿に盛り、チーズをのせてレンジでとろけるまで加熱します。

r12

ふっくらおいしそうにできました。

r10

蒸し鶏用のレモンバターソース。茹で汁を適量とり、3分の1くらいに煮詰まったらバターとレモン汁を入れよくかき混ぜながらバターが溶けたら火を止めます。

r13

本日使用のオリーブオイル。ぴりっとしていて油臭さがありません。

r9

生ハムもちょっと飾りに・・・


トラックバック1 コメント2
久々にお料理ネタを・・・
2012-06-06-Wed  CATEGORY: お料理
手が空いているときは奥さんのお手伝いでよくお料理をしますが、作った後に写真を撮るのを忘れたと気付くので、滅多に記事になりません。いろいろ参考になるものもあるはずなのにもったいない・・・

本日は、「ズリとにんにくの芽の炒め物」と「とうふのカプレーゼ風サラダ」。

まずは「とうふのカプレーゼ風サラダ」から。

sar2

好みの豆腐をさいの目に切り、塩を振ってなじませます。

sar1

トマトもさいの目に切り、塩を少量ふって混ぜておきます。

sar4

今回はありあわせのピーマンとエリンギを使いましたがお好みで、あるもので。
スライスしてオリーブオイルを使い、超弱火の蒸し焼きにします。調味料はいらない。(好みでオリーブオイルに鷹の爪やにんにくを入れてもよい)


豆腐の水分をキッチンペーパーでふき取り、トマトと蒸し焼きの野菜はそのまま混ぜ合わせます。

sar5

自家製のバジルオイルを回しかければできあがり。レモンを絞ってどうぞ~!
混ぜ合わせた後に塩加減だけはみてください。生ハムやかりかりベーコン、蒸し鶏なんかも合う。
バジルの生を刻んだものを混ぜてオリーブオイルを回しかけてもいい。

チーズをわすれていた!好みのチーズをさいの目に切って混ぜてね。

次は、「ズリとにんにくの芽の炒め物」

su1

筋を引き、ピンク色のほうに格子状に包丁を入れておきます。(筋も包丁を入れれば引かなくても大丈夫です)
醤油とお酒とごま油を少量まぶしておきます。(下味を付ける前にざっと熱湯にくぐらせると調理が簡単になります)

su2

にんにくの芽は両端を少し落として、食べやすい長さに切りそろえ、塩入りの熱湯で1分くらい下茹でします。ここで、にんにくの香りを抑えたい人はゆで時間を長く取ります。(3分まで)
こうすることで甘みが増し、とてもおいしくいただけます。


フライパンを強火で熱し、煙が出てきたらごま油を大匙1程度入れ、ズリを投入。
表面に火が通ったら、にんにくの芽を入れて強火のまま炒め、ほんのちょっと焼色が付いてきたら少し強めの塩・胡椒。(なるべく黒胡椒をペパーミルでひいたもののほうが味が引き立つ)


mor1

サイドディッシュの完成!!メインは奥さんにまかせて。

そうそう、上賀茂の賀茂川で1.1mもあるうなぎが見つかったらしい。蒲焼にしたら何人前になるんだろ?でも味はきっと悪いだろうし、皮なんか固いゴムみたいなんだろうな。
長いものといえば、そろそろ「鱧」の季節ですね~!!





トラックバック0 コメント2
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2017 今日も京はごきげんさん. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。