街角探検隊がゆく
今日も京はごきげんさん
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やさしい味のパン屋さん。
2012-07-09-Mon  CATEGORY: おかいもの
sannj1 黒豆たっぷりのパン

黒豆煮は自家製。ほんのり甘く、しかもずっしり・・・少しメロンパンみたいなビスケット生地がかかっています。

bek1 一番人気のコッペパン

中に四つ葉バターと自家製いちごジャムがはさんであります。

bek3 いちじくフランス

ソフト目のフランスパンに白ドライいちじくが入っています。

bek2

みかん果汁入りの白あんぱんと焼カレーパンは、すでに食べられてしまいましたが・・・
良心的な値段でしょう?食べられた白あんぱん、焼カレーパンはそれぞれ80円と110円、黒豆パンは125円、コッペパンは105円、いちじくフランスは135円・・・天然酵母で中の具もほとんどが自家製で、手間がかかっているのにこのお値段はうれしいかぎりです。いまどき6個も買えば1000円を越えてしまうお店が多い中でいつまでも続いてほしいお店です。



スポンサーサイト
トラックバック1 コメント6
西陣界隈で・・・3
2012-06-02-Sat  CATEGORY: おかいもの
とうとう3までいってしまいました。今回で終われるのかな~・・・

千本今出川から西側を歩くと

tamaj1

なんともいい感じの「千本玉寿軒」さん。「本家玉寿軒」さんは今出川通にあります。

tamaj2 西陣風味。求肥とあんこ~大好き。

ほんのちょっと上がると・・・となりのとなりくらい。「天喜」さん。てんぷらで有名です。

tenn1

tenn2 おいしそ~!食べたくなった!

どんどん上がると(すぐ近くですけれど)前回の五辻通を越え、「近為」さんを越えると・・・となりのとなりくらいに「天若」さんがあります。

tenw1

tenw2 ちょっと扱いが小さい?

五辻通を西に入ると「だいこん炊き」で有名な「千本釈迦堂」(大報恩寺)があります。春の桜もきれい。

shaka2

shaka1 おおきなお釜で炊いていただけます。
京都最古の仏堂建築物で国宝に指定されています。「おかめさん」の悲しい話が残っています。


どんどん上がると、大好きな「マガザン・デ・フレーズ」ベリー系洋菓子の専門店。

mag1

mag3 mag2

大好きな「木いちごのマシュマロ」要冷蔵です。夏はクーラーボックスを忘れずに!

mag4 こんなのも・・・好きじゃない。

どんどん上がると「引接寺」 

enma1

別名「千本ゑんま堂」・・・だれだ!るんまどうって読んだのは!笑

魔界を行き来できたと言われる小野篁に由来しているそうで、本尊はあの閻魔様。
この辺りは「化野」(あだしの)「鳥辺野」(とりべの)と共に「蓮台野」と呼ばれる三大葬送地で、卒塔婆がたくさん乱立していたので「千本」と呼ばれるようになったらしい。狂言でも有名。

千本鞍馬口で東に渡り、ちょっと上がると・・・「タンタシオンダンジュ」

tant1

パティスリーとブーランジェリーがあります。

tant2 tan3

なんかよく似たのを行く度に選んでいるのがよくわかる・・・

鞍馬口通を東に入ってしばらく行くと「船岡温泉」があります。入り口は唐破風造り、天井は寺社造りとなっていて、とても重厚。
料理旅館「舟岡楼」だったそうで、その頃は立派な旅館だったろうな・・・北側に船岡山をのぞみ、かつては山城が築かれ、その後織田信長を祭る「建勲神社」が建立された。

on1

on2

凄すぎる!ここは私が習っていた「詩吟の先生」のご自宅そばなので、よく行きました。薬草風呂の湯は真っ黒で黒烏龍茶みたいな色。香りもすごい。電気風呂も早くから(調べたら日本最古らしい)あったのですが、私は電気風呂には入ることができません・・・足から入ると膝の辺りで硬直してしまいます・・・なんで??笑

さあ、もう北大路。

oo1

昔、よく食べた「大阪屋」さんが代替わりして移転したお店。千本北大路を東へ入った南側。

oo2

なんぼほどのってんねん!!!ご飯がたりな~い・・・そっちかいっ!笑

ここから北は仏大の領地みたいなところ。北山通とぶつかって千本通もおしまい。ラーメンの好きな人はいろいろかたまってあるから行ってみたら?  おしまい。
















トラックバック0 コメント2
西陣界隈で・・・2
2012-06-01-Fri  CATEGORY: おかいもの
今回は、千本通を中心にたどってみましょう。若かりし頃は中立売通から今出川通まで道の両側にアーケードがありましたが、それも老朽化のため撤去されてしまいました。私が住んでいたのは千本中立売上がる東側にあったマンション(当時新築だったのにもう取り壊されている・・・)その裏は知る人ぞ知る「千中ミュージック」(行ったことないけれど、踊り子さんとはすぐ前にあった串カツ屋さんで何度もご一緒しました。若干23歳にしてストリッパーのおねえさんとお友達・・・やっぱり当時からおっさん?笑)
西陣銀座とネオンがあって、銭湯もありました。部屋には風呂があったのですが(マンションなら当たり前?)広い風呂が好きだったので、いつも銭湯へ行っていました。風呂桶を預かってくれ、使ったタオルは洗って干してくれるというとてもやさしいお風呂屋さん。今はなくなって、とても寂しい思いです。
こんなに長い前書きを書いたのは初めて。独り立ちした初めての土地、思い入れもひとしおの場所です。

sen1 sen2

南のほうから紹介。「お食事処相生」ふつうの街の食堂ですが、電車が走っています・・・いつから走りはじめたんだろ?私と子供がご飯を食べながら「お~っ」とか変な人になるところ(笑)

ここから少し上がって(北へ行く)下長者町通を東に入り一筋目を上がり路地を西に入ると・・・ああっややこしや~笑

hati1

hati2

「はちはちインフィニティーカフェ」街の中の森。私の時代にはなかったですけれど・・・

hati3

ちゃんとした本格志向のパンがいただけます。テイクアウトも可。

千本中立売を西へ入ると北野商店街。よくお世話になりました。

mita1

「みたらしや 千手堂」さん。天神さんの時はサービスがあります。

ope1

ope2 
「OPERA」さん。いつの間にできた?・・・って知らんのかいっ!笑 でもおいしかったよ。

千本通に戻って上がると西側に昔「大坂屋」というレストランがあり、大盛りだったのでよくお世話になりました。(基本は自炊していました・・・えらい?)今は代が変わって、千本北大路で営業されているそうで、近所の仏大生に人気らしい。

今出川通からもう一つ北の五辻通にくると西側に

tika

「近為」さん。お漬物屋さんです・・・奈良漬?・・・ここは京都どすえ~笑

tika1

こんなごはんがいただけます・・・う~ん・・・観光客向けかな・・・

東へ渡ると、 

itu1

itu2

そのまんま「五辻の昆布」。西陣を歩いていると、ところどころで昆布の炊く匂いが漂うときがあります。
たっぷり「味見」してください!笑

itu3

こんなかわいいおしゃぶりこんぶもあります。

ここから西へ行くと「上七軒」。がま口の「まつひろ商店」などがあります。東へ行くと「鳥岩楼」地鶏の水炊き屋さんですが、お昼は特製の「親子丼」がいただけます。建物も値打ち物。玄関の「ようむ」(オウムの一種で体はライトグレー、しっぽだけが朱色の鳥)はまだ健在なのかな・・・どんどん行って知恵光院通を超え、路地に入るとはちみつの「ドラート」さん・・・この説明では絶対に行けません・・・笑

ながくなるので、きょうはこのあたりで・・・

 

トラックバック0 コメント0
西陣界隈で・・・
2012-05-26-Sat  CATEGORY: おかいもの
30年くらい前、西陣あたりに一人暮らししていた頃に覚えたいろいろなところを今日はご紹介。

kita1

西陣界隈で一番有名と思われるのは、やっぱり「天神さん」。学問の神様。
「東風吹かば 匂ひをこせよ 梅の花 主なしとて 春な忘れそ」の短歌でも有名です。
大宰府天満宮にある「飛梅」は一夜にして京都から飛んでいったと謂れのある梅です。
うっ・・・ちょっと心が痛くなった・・・昔の思い出。

simo1

西陣警察署の前を通って、南に下がると「下の森センター」があります・・・昔はもっと汚かった・・・
戦後の闇市が母体らしいのですが、詳しいことは調べていません。
角を西(右)に折れると「大将軍商店街」があり、「妖怪ストリート」と呼ばれています。
一条通は百鬼夜行の通り道と呼ばれていたそうです。(そういえば、一条戻り橋があり、陰陽の清明神社があるな・・・)
商店街の中に「大将軍八神社」があり、陰陽道により御所の西北の方位厄除けとして造られたそうです・・・詳しいことはぐぐってね。

dai1

方位の神様。初めて見たときゾクッてきました。六亡星・・・清明神社は五亡星だったな。

mona1

あんこ星人には欠かせないアイテムの一つ「最中」(だれだ!さいちゅうって読んだのは・・・笑)

mona3

和菓子屋さんではなく、「製餡所」なので中身と皮は別々です。その分、さくさくの出来立て最中がいただけます。あんこ増量可!!・・・最後は?笑

mona2
mona4 入れすぎやろ~!!笑 たまらん!

tama1 斎藤醸造所さん

tama7

tama5

「玉姫酢」を作っています。一番お気に入りのお酢。

tama6 一升瓶はなかなか手に入りません。

小売は基本的にしておられないそうで、私も空瓶を持って買いに行きます。

ここから紙屋川(天神川)を渡って西大路に出る前の通りを北へ上がると・・・

cho1
cho2 七味唐辛子の「長文屋」さん。

cho3 注文を受けてから調合してくれます。

cho4

私の好みは「小辛」山椒を利かせてとてもおいしく仕上がっています。もっと辛いのがほしい時は、これに激辛の「一味唐辛子」を足します。山椒だけのものも常備。

西陣は京都の中では下町っぽい雰囲気があるので、とても親しみやすいところと思います・・・住んでいたから?
職人さんが多く住む場所でもあるからでしょうけれど・・・機(はた)の音もどこからか聞こえ、時々昆布の佃煮を作っている香りが漂い、京都でもっとも古い花街「上七軒」があり・・・散歩や日常の買い物はかなり楽しむことができます。




 



トラックバック0 コメント4
おみやげ~!
2012-05-12-Sat  CATEGORY: おかいもの
7

のんびりと朝おきて、お風呂に入り、ロビーでくつろいでお宿の中庭に目をやると、菖蒲がきれいにさいていました。

6 5
4

もう一方の庭で見つけた「水琴屈」柄杓で水を足元にかけてやると洞窟で水滴が落ちるような音がします。でも、いっぱいまくと品のない音になります・・・笑




kita5 kita4

北山通りからも見える五山送り火の「法」の文字。東山(大黒天山)に「妙」と共に8月16日に浮かび上がります。

54 60

61 55

56 59

お昼ごはんを食べたところでもらったパンフ。お店の紹介と地図が載っているので便利・・・?

58

じゃあ、これでどう?クーポン付き。使わなかったけど・・・

57

アイスクリーム何種類でも同じ価格?●イエットしている人の敵だな。でも、暑い日はうれしいね~!

kita6  14

で、ここで奥さんがさんざんうろうろして買ったもの。この日は夏用のつばの広い日よけ用の帽子がセールになっていました。(もちろん、女性用のみ・・・)

19 18
17 奥さん自分用。

下の柄は初め歌舞伎の隈取りみたいな人の顔に見えたのに、よく見ると「パンダ」だったのです・・・笑

15

これは子供用。これも初め黒い部分が茄子(この辺りは賀茂茄子が有名)だと思ったら、白い部分を見たら「くまさん」だったのです・・・

16

私に買っていただいた「にゃんこ」のハンカチーフ。表はガーゼ、裏はパイルになっていて、手触りも吸水性もとてもいいようです。

kita8 kita9

つぎは、ここへ。「恵文社」マニアックな本とかおもしろグッズがいっぱいあります。情報発信基地でもあります。

37

このスタンプでわかる人は、そうとうはまっている人。表側へ折ってシールを貼っているのがかわいい。

38 39
 
子供に真鍮製昔のグライダー模型を買いました。とても繊細なつくりになっていて、私が作りたいくらいです。
まだまだ続きます・・・

















トラックバック0 コメント2
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Copyright © 2017 今日も京はごきげんさん. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。