街角探検隊がゆく
今日も京はごきげんさん
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
西陣界隈で・・・
2012-05-26-Sat  CATEGORY: おかいもの
30年くらい前、西陣あたりに一人暮らししていた頃に覚えたいろいろなところを今日はご紹介。

kita1

西陣界隈で一番有名と思われるのは、やっぱり「天神さん」。学問の神様。
「東風吹かば 匂ひをこせよ 梅の花 主なしとて 春な忘れそ」の短歌でも有名です。
大宰府天満宮にある「飛梅」は一夜にして京都から飛んでいったと謂れのある梅です。
うっ・・・ちょっと心が痛くなった・・・昔の思い出。

simo1

西陣警察署の前を通って、南に下がると「下の森センター」があります・・・昔はもっと汚かった・・・
戦後の闇市が母体らしいのですが、詳しいことは調べていません。
角を西(右)に折れると「大将軍商店街」があり、「妖怪ストリート」と呼ばれています。
一条通は百鬼夜行の通り道と呼ばれていたそうです。(そういえば、一条戻り橋があり、陰陽の清明神社があるな・・・)
商店街の中に「大将軍八神社」があり、陰陽道により御所の西北の方位厄除けとして造られたそうです・・・詳しいことはぐぐってね。

dai1

方位の神様。初めて見たときゾクッてきました。六亡星・・・清明神社は五亡星だったな。

mona1

あんこ星人には欠かせないアイテムの一つ「最中」(だれだ!さいちゅうって読んだのは・・・笑)

mona3

和菓子屋さんではなく、「製餡所」なので中身と皮は別々です。その分、さくさくの出来立て最中がいただけます。あんこ増量可!!・・・最後は?笑

mona2
mona4 入れすぎやろ~!!笑 たまらん!

tama1 斎藤醸造所さん

tama7

tama5

「玉姫酢」を作っています。一番お気に入りのお酢。

tama6 一升瓶はなかなか手に入りません。

小売は基本的にしておられないそうで、私も空瓶を持って買いに行きます。

ここから紙屋川(天神川)を渡って西大路に出る前の通りを北へ上がると・・・

cho1
cho2 七味唐辛子の「長文屋」さん。

cho3 注文を受けてから調合してくれます。

cho4

私の好みは「小辛」山椒を利かせてとてもおいしく仕上がっています。もっと辛いのがほしい時は、これに激辛の「一味唐辛子」を足します。山椒だけのものも常備。

西陣は京都の中では下町っぽい雰囲気があるので、とても親しみやすいところと思います・・・住んでいたから?
職人さんが多く住む場所でもあるからでしょうけれど・・・機(はた)の音もどこからか聞こえ、時々昆布の佃煮を作っている香りが漂い、京都でもっとも古い花街「上七軒」があり・・・散歩や日常の買い物はかなり楽しむことができます。




 



スポンサーサイト
トラックバック0 コメント4
おみやげ~最終回
2012-05-21-Mon  CATEGORY: おでかけ
さて、時系列も考えずに羅列してきた一連の記事も最終回。

taki1

京都で日本酒を手に入れるお酒屋さんの一つ「タキモト」日本酒・焼酎の品揃えなら京都で一番じゃないかな?有名銘柄(プレミア価格のついたもの)も定価で手に入ります。(人気品種は抽選)

52

この日選んだ一本「百楽門」奈良「葛城酒造」さんのお酒です。吟醸の目指した香りは「メロン」。純米吟醸の生原酒でありながら、1500円ほどのお値打ち品。香りふくよかに味もしっかりあり、やや辛口が好みにぴったり。白身でありながら、味のしっかりした魚に合いそうです。春の苦味のある野菜や山菜にもよろしいようで・・・

biri1

北山でお昼を食べようと入ったら超満員だったのであきらめたお店。

kou1

kou2

私の記事でお馴染みの「京都紅茶倶楽部」宮川町の南にあります。

45

今回買った個別パックの紅茶。「さくら」は今年新作です。桜餅の香りがふんわり柔らかく立ち上がりますが、ちゃんと紅茶の味も楽しめます。個別パックはちょっと人にあげたり、おもたせ用。

46

色違いの金魚の巾着。「がまこ」とおそろい。29


47

家用の10個パック。少しお得。

50

おまけでいただいたちょうちょのクッキー。かぼちゃと抹茶とむらさきいもだったかな。おいしいよ~!

まだ、こまごまとありますが、このあたりで・・・まだあるの?笑

久しぶりの二人で三日間のおでかけはゆっくりと時間が過ぎてゆきました・・・おしまい。



トラックバック0 コメント0
おみやげ~ その3
2012-05-18-Fri  CATEGORY: 未分類
「いつまであんねん!」という声も聞こえてきそうですが、これでも簡略化しているのです・・・
大徳寺へ行ったあと、まだ日が高いのでアクセサリー用のいれものが欲しいということで、

matu2

やってきました、上七軒「まつひろ」この辺りも閑散としてゆったりしていました。

matu4 matu5 matu6

だれもいない「まつひろ商店」は初めて。おっさんが私一人ということは何度もあったけれど・・・

29 48

私用。おっさんにおかしい? きんぎょの絵柄が気に入りました。七味屋さんとお酢屋さんと最中屋さんにも行きたかったけれど、それは今度のお楽しみ。

さて、ラストスパート!!笑 順番はきにしないでね。

tani1
 
tani2

上賀茂「谷寛」のこめ泥棒。なすのからし漬けです。ごはんによし、お酒によし・・・よしよし・・・

tani3

ちょっと古く、画像も悪いですが、冬はすぐき漬けの樽が並びます。お正月には欠かせません(ふだんも食べたい)

kam2

ぐあ~~っ!!たまらん!この淡いピンクになった色がそそります。

kyuu2

もう一つおまけにかくし玉「三宅久右衛門」さんの「花漬」。

kyuu1

かくし玉を紹介したのは、たぶんもう売り切れであるだろうと・・・いじわる?笑 来年までには忘れてくれるであろうと・・・

菜の花の時期のみ手に入ります。古くから松ヶ崎の家庭で作られてきたらしく、「松ヶ崎漬」とも呼ばれます。乳酸発酵の進んだ味とほろ苦さが春の味。この時期しか営業されていないし、看板もないし、お屋敷だし・・・間違いなく散歩の途中で見つけることはできません。(食べ物の匂いに敏感な人にはわかるかも?)

juji2

ふだんのお漬物はここ「十字屋」さん。三十三間堂の南側にあります。でも、この日はお休みだったので、近くの「赤尾屋」さんへ・・・

akao1 
扱いが小さい?・・・気のせい、気のせい・・・笑 人には好き嫌いがあるものです・・・
でも、みょうがだけのしば漬があったのは得点高し。下の写真の右側のもの。
私と奥さんの実家への母の日を兼ねたおみやげにお漬物がいいとリクエストされたので、どうしても買って帰らなくてはならなかったので・・・

11


sima1

漬物を買う前にここに寄って・・・小さな町のおまん屋さん。

8 「しまだや」さんといいます。

10 大きさが伝わったかな?

30

大きな栗の甘露煮が丸ごと3つも入っています。しかも、しっかり栗の味がする。三人で割ってもたっぷりの大きさがあります。

もう少しでおでかけもおしまい。次回、最終回。
そうそう、これからの季節、クーラーボックスは必需品です。おでかけのときは忘れずに!



















トラックバック0 コメント4
おみやげ~その2
2012-05-15-Tue  CATEGORY: おでかけ
かなり順番は前後しますが・・・記事の作成が無計画・・・

sou1

毎年、上賀茂神社に初詣に訪れるのですが、帰りに寄るお気に入りの和菓子屋さんがあります。お店の名は「霜月」さん。十数年前(20年近くなる?)新装開店の頃に偶然通りかかり、お菓子を買い求めたら、粗品にとてもいい煎茶をいただきました。それに気をよくして(げんきん?笑)通っているしだいでございます。仕事しておられる二人は兄妹(姉弟)だとばっかり思っていましたら(よく似ておられる)夫婦らしいです・・・

iai1

この日の夜は先斗町と決めていたので、たまにはバスに乗ろうということになって、河原町三条まで乗り、時間が早かったので奥さんの買い物につきあうこととなりました。

isi2

に・ほ・ひ袋・・・笑 今は古典の香りばかりじゃなく、現代的な香りも調合されていると言われていました。で、柄を選ぶのに小一時間・・・は~・・・
ようやくたどりつきました。

hime6

私「お久しぶり~」・・・主人『死んだと思ってた』・・・ひどいっ!笑
店『たけのことわらびは?』・・・私「ないっ!」・・・そんな会話から夜が始まります。

hime2 hime3 hime4 hime7 hime8 hime5

いろんなものをいただいて・・・女将『清蓮院でライトアップしといやすえ~』・・・奥さん『行く!』私「え~今から~?」

sei1

歩く勇気はなかったので、タクシーに「近いんですけれど・・・」とあやまりを入れて・・・まあ美しかったですけれど。

河原町で最近出来た「かりんとう屋さん」でちょっと買い物。

40

お勘定をしてもらって振り返ると・・・奥さんの手にはなにやらお饅頭のようなものが・・・

tama1

これらしいです。あげたてみたいで、ねこじたの私には危険な食べ物のよう・・・

sin2

sin1

進々堂で買ったメロンパン。あっ!前の記事でも書いた?笑 メロンパンはちぎって食べたらだめ。おいしいところがぼろぼろと・・・


matu1
 
夏はここの味が必要なものの一つです。

32

「禅味」細い塩吹き昆布に胡麻がまざったものですけれど、ごはんにのせ、冷茶をかけたものは暑い夏でもいただけます。
もう一つ、

33
36

「大徳寺納豆」 やわらかくて酸味のある塩昆布みたいな味が夏にぴったり。「開封後は密閉容器に移してください」・・・冷蔵庫不要。でも開封後と言っても細いモールでねじってあるだけ・・・封はしていません!!笑

ここに来たのは「紅茶倶楽部」さんで特別拝観の招待券をいただいたから。

dai1
 
モノトーンのお寺の景色で、この「金毛閣」が極彩色を放っている。 応仁の乱後、一休禅師の参徒連歌師宗長等が一階部分を寄進し、千利休により二階部分が設けられ金毛閣と名づけられた・・・らしい・・・

dai5
dai4

・・・しっぱいだ~「真珠庵」って一番奥のほう・・・遠い・・・
小さい画像は「七・五・三」の庭と呼ばれ、石庭に配置された石の数が写真奥から7・5・3個と配列されているのでそう呼ばれるらしい・・・

dai7 

写りわるいですけれど、ここにある茶室は写真左のほうににじり口見えるのは採光窓・・・らしい
雪国でよく見られる茶室のつくりで、アプローチ部分に屋根をつけた関西ではめずらしい構造になっています。

あ~疲れた・・・

まだまだつづくよ。奥さん孝行でしょ?笑










トラックバック0 コメント0
おみやげ~!
2012-05-12-Sat  CATEGORY: おかいもの
7

のんびりと朝おきて、お風呂に入り、ロビーでくつろいでお宿の中庭に目をやると、菖蒲がきれいにさいていました。

6 5
4

もう一方の庭で見つけた「水琴屈」柄杓で水を足元にかけてやると洞窟で水滴が落ちるような音がします。でも、いっぱいまくと品のない音になります・・・笑




kita5 kita4

北山通りからも見える五山送り火の「法」の文字。東山(大黒天山)に「妙」と共に8月16日に浮かび上がります。

54 60

61 55

56 59

お昼ごはんを食べたところでもらったパンフ。お店の紹介と地図が載っているので便利・・・?

58

じゃあ、これでどう?クーポン付き。使わなかったけど・・・

57

アイスクリーム何種類でも同じ価格?●イエットしている人の敵だな。でも、暑い日はうれしいね~!

kita6  14

で、ここで奥さんがさんざんうろうろして買ったもの。この日は夏用のつばの広い日よけ用の帽子がセールになっていました。(もちろん、女性用のみ・・・)

19 18
17 奥さん自分用。

下の柄は初め歌舞伎の隈取りみたいな人の顔に見えたのに、よく見ると「パンダ」だったのです・・・笑

15

これは子供用。これも初め黒い部分が茄子(この辺りは賀茂茄子が有名)だと思ったら、白い部分を見たら「くまさん」だったのです・・・

16

私に買っていただいた「にゃんこ」のハンカチーフ。表はガーゼ、裏はパイルになっていて、手触りも吸水性もとてもいいようです。

kita8 kita9

つぎは、ここへ。「恵文社」マニアックな本とかおもしろグッズがいっぱいあります。情報発信基地でもあります。

37

このスタンプでわかる人は、そうとうはまっている人。表側へ折ってシールを貼っているのがかわいい。

38 39
 
子供に真鍮製昔のグライダー模型を買いました。とても繊細なつくりになっていて、私が作りたいくらいです。
まだまだ続きます・・・

















トラックバック0 コメント2
葵祭も近づいて その2
2012-05-11-Fri  CATEGORY: おでかけ
kami12
 
御薗橋より舟山を望む

kami5
 
kami6

細殿前2つの砂山は御神体である神山をかたどったもの、立砂(たてずな)というらしい・・・
形は違えど、いろんなところで見ることができる。銀閣寺は上が平らだったような・・・あれはまた違うのかな?

境内を流れる奈良の小川は夏でも冷たくて気持ちいい・・・足をつけるのってばちあたり?

kami3
  
kami4

下鴨神社での行列。暑い日差しも木々の通り道はほっとします。


kami11 kami10

片山御子神社(片岡社)は縁結びの神様。紫式部が描かれたハート型の絵馬がかわいい。お守りは赤い矢がついていて、キューピッドの矢?いえいえ、ちゃんと由緒のあるものです。神馬にもごあいさつして、歴代何代のお馬さんにあいさつしたんだろうな・・・

kami9 毎月第4日曜日開催。

kami23 kami24

6月末と大晦日に行われる茅の輪くぐり。半年間の厄払いと次の半年の無病息災を願います。おみくじもかわいいでしょ?「お馬みくじ」って言うんです。

kam5

こんなものを買って・・・エネルギー補給! もちろん、「神馬堂」さん。


kami21 kami15

こんな町並みを歩くと、こんな門の小学校が・・・昔の役場の門を移築したみたいです。

kami18

「愛染倉」さん。リストランテ(伊料理)、結婚式場。

kami22 kita3
和食の玉屋さんと最近出来たオーガニックカフェ「CAVA(カーヴァ)」さん。

kita2 kami13

ル・プチ・フランスさん。もう開店から30年以上になります。あっとほーむな料理店。秋山さん。さあ、今夜はどちらでご飯をいただく?

「秋山」さんで決定!! おいしゅうございました。食べ過ぎました・・・笑

続く・・・

kami17











トラックバック0 コメント6
葵祭も近づいて、ちょっとおでかけ。
2012-05-08-Tue  CATEGORY: 季節の行事
来る5月15日御所を出発した一行は下鴨神社、北大路、鴨街道、御薗橋を経て上賀茂神社に到着します。
上賀茂神社は賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ)が正式名で、葵祭は賀茂祭が正式名。葵祭の由来は祭に関わる全ての人、物に至るまで二葉葵を桂の小枝に挿し飾るところからきています。
まっ、そんなことは知らなくてもいいと思いますが・・・

kami1
ひっ姫っ!!どちらへっ!笑



やっぱり、ヒロインは「斎王」。伊勢神宮を「斎宮」賀茂神社を「斎院」とよび、宮中から未婚の皇女を差し遣わしたところから始まったそう。宮中も一目置くほどの古来神の力があったのですね・・・人質?いけにえ?

kami2 お戻りくだされいっ!笑

上の写真とは年度が違いますが・・・今年の斎王はわが校出身者・・・らしい・・・笑


5月4日は子供をいとこのお家へおたのみして、13年ぶりの2人だけのお出かけ。

4日から奥さんと洛北にお泊りしたので、5日の日賀茂競馬(かもくらべうま)を見に行こうと道の空いている東のほうから近づいたら・・・・・超満員!!! や~めた。
祭の詳細は次の記事へ続きます。過去の写真をちょっとだけ。

kami16 5月1日に選考会があります



で、目的なしの(奥さんはあると思う・・・笑)ゆる~い散歩三昧がはじまります・・・
お酒を飲むかも知れないので、車は置き去りにして



kami7

社家という上賀茂神社の神職を世襲するお家。神社から流れ出てくる明神川という小川の水をそれぞれの邸内に引き入れて池を作り、その池を中心とした家作りが特徴です。

kam3 夜はこんな感じとても静かです。

kami20 おつけもの「成田」の前を通って

kam4
料亭「さくらい」さんをすぎてどんどん東へ歩きます。暑くなってきちゃった・・・
必殺!右手をしゅたっとあげて!!タクシーを止めます・・・笑
「近いんですけど、北山通にでてください」・・・軟弱者・・・

私  「暑いから、お蕎麦が食べたくなった」
奥さん「え~~!こんなところでお蕎麦?」

kita11
おしゃれなお店が連なる北山通から少し奥まって佇む「じんろく」さん。
二人で「冷たいやまかけそば」を食べて一息。
表千家北山会館の前を過ぎ、キャピタル東洋亭(なんかファミレスみたいになっていた)

kita7

マールブランシュの前でちょっと指をくわえ(笑)進々堂では我慢が出来ずに(私じゃない!!笑)ラム酒の香るメロンパンをおやつに買い、たどり着いたのは・・・

kita1 これでは地元しかわからん

kita6 
男にとって試練が始まる・・・笑 京都ファンシーグッズの草分け的存在。男一人禁止(私の中で)

ここで、とても長い時間が過ぎたような・・・奥さんは上機嫌。よろしおす。
続きは次回。



 














トラックバック0 コメント2
<< 2012/05 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2017 今日も京はごきげんさん. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。